2017年1月22日 (日曜日)

年明けの病院通いも一段落

アサガオ冬の色 - アサガオの種 2017.01.18撮影

大寒の季節を迎えてさすがに寒さが厳しくなってきました。庭では山茶花やスイセンが早くも終盤となって、彩のないしぶ~い冬の色となっています。

年が明けて早々にCT検査やら横浜、池袋のクリニックと病院通いが半月も続いてやっと一段落しました。検査の結果は良好で一安心です。

続きを読む・続きの写真を見る "年明けの病院通いも一段落"

2016年7月 6日 (水曜日)

排水溝に花が咲く

ハゼラン爆蘭(ハゼラン) 2016.07.03撮影

隣家(賃貸アパート)前の排水溝の穴から茎を伸ばして小さな可愛い花が咲いています。ネットで調べるとハゼランのようです。花が開くのは午後の数時間、普段は赤く丸いつぼみのままです。その様子から「爆蘭(ハゼラン)」となったようです(「三時花」「花火草」とも呼ばれる)。スベリヒユ科ハゼラン属。

昨日の午後は造影CT検査と採血を受けてきました。病院に行くのは3ヵ月ぶり。昨年の12月から抗がん剤治療を止めて気ままに半年を過ごした結果が来週には判明します。

続きを読む・続きの写真を見る "排水溝に花が咲く"

2016年4月 5日 (火曜日)

まずは一安心

ヒヤシンス朝のおしゃべり 2016.03.25撮影

この時期、街中を走っていても桜がきれいですね~。桜並木、道端の大きな巨木、校庭や公園を囲む桜、、、車を運転していてもついつい目が桜の咲く方に向きます。危ない! 危ない!
でも、この処の天気がね~、ずっと厚い雲に覆われて日差しがありません。青空に映える桜が見たい~!

昨日は手術から1年目の内視鏡検査の結果を聞いてきました。大事ない結果にまずは一安心ってところです。

続きを読む・続きの写真を見る "まずは一安心"

2015年5月 2日 (土曜日)

暑いですね~

三陽メディアフラワーミュージアム日陰 2015.04.26撮影

今日も気温はうなぎ上りで暑い日となってます。ただ私的には長袖のTシャツに薄手のウインドヤッケを羽織って春先の格好です。汗かきだった自分が手術を転機に体質が変わってしまったように薄着ができません。血液検査でも若干貧血気味です。ヤレヤレ!

28日に退院後初めての主治医の診察を受けて今後の治療方法を決めました。術後の補助療法として抗がん剤(TS-1)を服用することにしました。

続きを読む・続きの写真を見る "暑いですね~"

2015年4月24日 (金曜日)

病理検査と今後の治療

ボタン桜ボタン桜 2015.04.22撮影

近くの弁天様に咲くボタン桜です。入院でソメイヨシノを見ることは叶いませんでしたがボタン桜が見れたので良しとしましょう。

昨日は池袋まで出掛けて帯津良一先生のセカンドオピニオンを受けてきました。これで腹を決めて今後の治療に臨みます。

続きを読む・続きの写真を見る "病理検査と今後の治療"

2015年4月18日 (土曜日)

悩ましい頻尿と頻便

幕張新都心入院先から望む幕張新都心 カメラ : 携帯SO-03D

入院中も退院してからも昼・夜かまわず尿意と便意が突然襲ってくるのには閉口します。術後には自分の体との対話が成り立たず後手後手となってましたので紙パンツは必須となり、今でも用心のためそうしてます。現役の方だと通勤にしろ職場にしろ大変な思いをしてらっしゃるのだろうと思います。

続きを読む・続きの写真を見る "悩ましい頻尿と頻便"

2015年4月14日 (火曜日)

久しぶりの投稿

アケビ金平糖 2015.04.14撮影

お休みしている間に桜が咲き、散って、葉桜になってしまいました。これまでは何か在っても桜だけは撮ってきたのですが、今年はそれも叶わず桜の季節がすっぽりと抜けてしまいました。

先月の24日に入院し直腸がんの切除手術を受けて昨日退院しました。我が人生で初めて体にメスを入れることに相成り、初めて入院なるものを経験しました。これまでの生活習慣の悪癖が招いたことではありますが、精神的にも大きな痛手を負うことになりました。

続きを読む・続きの写真を見る "久しぶりの投稿"

2015年4月13日 (月曜日)

(続)術後経過~退院

検見川の浜賑わう日曜日(検見川の浜) カメラ : 携帯SO-03D

足踏みを余儀なくされた術後でしたが幸いにもその後は順調に経過しました。

続きを読む・続きの写真を見る "(続)術後経過~退院"

2015年4月 3日 (金曜日)

術後経過

検見川の浜検見川の浜 2015.04.16撮影

個室に移ってからも医療器具で雁字搦めだった体が日を追う毎に少しづつ解放されて行きます。

続きを読む・続きの写真を見る "術後経過"

2015年3月27日 (金曜日)

入院そして手術

予定通り3月24日の昼前に入院しました。入院患者の多くがシニア層に見えましたので時期に拘ることは無さそうですが、春休み・年度末の外科入院棟のベッドは満員状態で個室希望は叶わず6人部屋となりました。
入院と同時に定時の体温測定、尿と便の回数カウントが課され、点滴と絶食が開始されました。併せて、何通もの手術や麻酔に関わる危険性を含めた同意書へのサインを求められました。

続きを読む・続きの写真を見る "入院そして手術"