タグ「千葉公園」 の検索結果(1/1)

2017年6月23日 (金曜日)

早起きして

千葉公園 古代ハス 大賀ハス千葉公園ハス池 2017.06.20撮影

暑かった~! 今日は千葉市でも今年の最高気温30.4℃を記録し真夏日となりました。寝苦しい夜になりそうです。

なんとか早起きして市内千葉公園の大賀ハスを観てきました。今年も25日まで近くの競輪場の駐車場が早朝解放されるのを確認して出かけてみました。

続きを読む・続きの写真を見る "早起きして"

2017年6月23日 (金曜日)

大賀ハス '2017

千葉公園 古代ハス 大賀ハス

撮影日 2017年6月20日
撮影地 千葉市 千葉公園ハス池

今年も千葉公園ハス池が解放され、近くの競輪場の駐車場が早朝解放されたので早起きして出かけました。20日時点での花数はかなり多く、さらにつぼみも結構残っていましたので最終日25日まで楽しめそうです。天気はド快晴で朝から強い光が差し込むハス池でした。平日の朝なのにかなりの人出です。

2016年6月23日 (木曜日)

今年も千葉公園のハス池へ

千葉公園 古代ハス早朝の宴 2016.06.20撮影

今年もハスの開花に合わせて6月15日から28日まで千葉競輪場の駐車場が早朝だけ(~9時)解放されるというので行ってきました。

お祭りの開催される週末を避けて月曜日に行ったのですが、千葉公園のハス池にはたくさんの人が集まっていました。

続きを読む・続きの写真を見る "今年も千葉公園のハス池へ"

2016年6月23日 (木曜日)

梅雨のハス池

千葉公園

撮影日 2016年6月20日
撮影地 千葉公園内ハス池と花壇

今年も千葉公園のハス池と競輪場駐車場の早朝解放が始まったのでどんよりと曇った天気でしたが出かけてみました。花数はちょっと少な目、もう少し後がよかったのかも。

2015年6月22日 (月曜日)

梅雨空の朝

千葉公園

撮影日 2015年6月18日
撮影地 千葉市中央区 千葉公園ハス池

どんよりとした梅雨空の朝早く今年も千葉公園のハス池を訪ねてみました。弱い光の中で咲く、開きかけで赤味の濃い花から開いて爽やかなピンク色を見せる花まで、古代ハス単品種の花畑を楽しんできました。

2015年6月21日 (日曜日)

千葉公園の古代ハス

古代ハス 大賀ハス早朝の色香 2015.06.18撮影

千葉公園の古代ハスを見に朝早く出かけてみました。どんよりとした空模様にもかかわらずハス池には朝早くからたくさんの人がつめかけて大賑わいです。

この時期(今年は6/28まで)公園に隣接する千葉競輪場の第1駐車場が6:00~9:00の間無料解放されます。私の所からだと交通の便の悪い千葉公園ですがこの駐車場解放で朝早く訪れることができてます。

続きを読む・続きの写真を見る "千葉公園の古代ハス"

2014年7月16日 (水曜日)

夏の公園 夏の花

クレオメ 千葉公園

撮影日 2014年6月18日、7月15日、他
撮影地 千葉市千葉公園、佐倉市川村記念美術館、他

千葉公園の大賀ハス、川村記念美術館のヤマユリ、その他、千葉の夏の公園とそこに咲く夏の花をまとめてみました。

2014年6月19日 (木曜日)

今年も出掛けてみた

千葉公園 古代ハス 大賀ハス大賀ハス 2014.06.18撮影

花数が増えてきたというので昨日は早起きして千葉市中央区に在る千葉公園のハス池に行ってきました。普段は駐車場がない(付近のコイン駐車場を使えば別ですが)ので躊躇しちゃいますが、この時期限定で千葉競輪場の第1駐車場が早朝だけ開放されています。蓮池も早朝解放されて平日なのに6時過ぎの蓮池はたくさんの人で賑わってました。

咲いているのは大賀ハス。大賀博士が花見川区で1951年に発見した2000年も前の種から発芽させた古代ハスです。

続きを読む・続きの写真を見る "今年も出掛けてみた"

2013年6月21日 (金曜日)

古代に馳せるロマン

オオガハス 千葉公園

撮影日 2013年6月21日
撮影地 千葉市/千葉公園ハス池

近くに居ながら千葉公園のハス池を訪れるのは初めてでした。理由は車を停める場所が無いことでしたが、早朝6時から隣の競輪場の駐車場が開放されると聞いて出掛けてみました。6時過ぎのハス池には既にたくさんの人が詰め掛けていました。空は今にも降り出しそうな梅雨の曇天です。それが不思議にもハスの花をレンズを通して覗くとピンクの花が輝いていました。マクロ、望遠、標準ズームとレンズを差し替えながらハス池を3周し7時半過ぎに切り上げました。

2013年6月21日 (金曜日)

千葉市の花

オオガハス傘差して 2013.06.21撮影

千葉公園のハス池で大賀ハスが見頃になっていると聞いて今朝6時に行ってみました。朝早いのにカメラマンや花の愛好家がたくさん来ていました。

大賀ハスは1951年3月30日に植物学者大賀一郎博士と共に花見川下流の湿地帯(現在は千葉市花見川区に在る東大総合グランド)での発掘作業に携わっていた女子中学生が発見した一粒の種から博士が発芽に成功し翌年花を咲かせたものが起源となっています。種の上層で発見された丸木舟のカヤの木をシカゴ大学が年代測定した結果今から2000年も前の弥生時代以前のものと判定され古代ハスとも呼ばれています。その由縁もあってオオガハスは千葉市の花に制定されています。毎年7月には東大グランド横の東大院付属の緑地植物実験所(廃止予定)でハス祭りが催されています。

続きを読む・続きの写真を見る "千葉市の花"