タグ「造影CT検査」 の検索結果(1/1)

2020年3月26日 (木曜日)

手術から5年経過

ナズナナズナが満開の雨あがり 2020.03.11撮影

いつになく暖かい今年の春ですが時々寒さが戻って花粉症もあって鼻がぐしゅぐしゅ、加えて新型コロナウイルスの感染拡大でいつもならお花見で心浮き浮きの季節なのになんとも心晴れない時を過ごしています。

今日で直腸がんの手術をしてから丸5年が経過しました。時々便秘に悩まされる生活ですが一区切りを迎えることが出来てうれしい限りです。

続きを読む・続きの写真を見る "手術から5年経過"

2017年1月22日 (日曜日)

年明けの病院通いも一段落

アサガオ冬の色 - アサガオの種 2017.01.18撮影

大寒の季節を迎えてさすがに寒さが厳しくなってきました。庭では山茶花やスイセンが早くも終盤となって、彩のないしぶ~い冬の色となっています。

年が明けて早々にCT検査やら横浜、池袋のクリニックと病院通いが半月も続いてやっと一段落しました。検査の結果は良好で一安心です。

続きを読む・続きの写真を見る "年明けの病院通いも一段落"

2016年7月 6日 (水曜日)

排水溝に花が咲く

ハゼラン爆蘭(ハゼラン) 2016.07.03撮影

隣家(賃貸アパート)前の排水溝の穴から茎を伸ばして小さな可愛い花が咲いています。ネットで調べるとハゼランのようです。花が開くのは午後の数時間、普段は赤く丸いつぼみのままです。その様子から「爆蘭(ハゼラン)」となったようです(「三時花」「花火草」とも呼ばれる)。スベリヒユ科ハゼラン属。

昨日の午後は造影CT検査と採血を受けてきました。病院に行くのは3ヵ月ぶり。昨年の12月から抗がん剤治療を止めて気ままに半年を過ごした結果が来週には判明します。

続きを読む・続きの写真を見る "排水溝に花が咲く"

2015年3月10日 (火曜日)

不安と恐怖と迷い

癌の宣告を受けてからの不安と恐怖は並大抵のものではありませんでした。トイレに入る度の出血の恐怖 腹腔鏡手術のリスクは? 恒久的に人口肛門となってしまうのでは? 再発・転移の恐怖 等々直腸がんそのものの知識も手術に対する知識も当然ながら希薄ですし、更には病院や医師を経験豊富な所に変えた方が良いのではないか?といった考えも浮かんだりして頭の中は堂々巡りの状態に陥っていました。一方医師の中には検査や手術そして抗がん剤などは体に損傷を与えるだけで効果もなく措置を受けない方が良いと主張する方もおられて益々混乱に拍車が掛かったりしました。

続きを読む・続きの写真を見る "不安と恐怖と迷い"