2005年11月 6日 (日曜日)

ちょっと奇異に感じること

NHK社員の放火事件について会長が陳謝する場面が放送されていました。いい大人である社員のプライベートな事件について組織のトップが社会に謝る...これって正常なことなのかなーーと首を傾げたのですが。

電車で通勤していた頃によく理解できないことがありました。JRの車掌さんが、地震や台風、それからトラックの無理な踏み切り進入で事故ってダイヤが乱れた等の際にしきりに車掌さんが乗客に迷惑をかけたと謝る車内放送がありました。それを聞く度に、JRは自分で回避できないことについても責任を持ってますと自ら宣言してるのかなと?と。そして逆に勘ぐってしまいます。責任も無いのに謝る、それは責任ある場合も責任を取らないよ!と言ってるのかなーと。車掌さんを管理する管理職の方達も、経営のトップも何でも謝って置けば問題が回避できる、社会もそれで騒がないだろうと。これは、逆に言えば自分の責任について理解していない、考えていない、常に意識して行動していないことの裏返しだと思うのですが。



今回のNHKの問題も、NHKは社員との間で「協会は社員の保護者となる」ことを契約しているのかなーと、勘ぐります。私から見ると、「遺憾である、厳正に処分する」と言うだけで良い訳で、協会が謝る必要はなかろうと。



最近会社のトップが、会社運営上のミスでよく謝る光景を見ます。それも次から次と。どうもみなさん、自分の職責を忘れているのかなーと思えてなりません。もっと厳正に公私の別をつけるべきではと思うのですが。

pocket このエントリーをはてなブックマークに追加 ブログランキング 花 にほんブログ村 写真ブログ 風景写真へ

トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
https://www.mizunara.com/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/23

コメントする

閲覧ありがとうございました