2008年1月15日 (火曜日)

温暖化抑制するだけでも大変

 
大田原市羽田沼の朝の風景

カモたちの朝の食事風景は「賑やかさ」を通り越してすさまじいものでした。ここにも環境破壊の問題が。(大田原市羽田沼にて)

上野の不忍池でも問題になっているようですが、ここ羽田沼での餌付けや観光客の与えるパンくずなどで沼や沼につながる河川が汚染し、国指定天然記念物に指定されているミヤコタナゴが絶滅の危機に見舞われているそうです。人間は下手に自然に手を出さない、が原則ですね。

年末から取り掛かったホームページの改造もほぼ目鼻がつきました。最後の作業として、リンクさせていただいたBLOGサイトのフィードを取得して最新記事を表示するようにしたり、スパム・コメント(主にコンピュータ・ロボットによる迷惑コメントの書き込み)への対策としてCAPTCHA画像を導入したりと、見よう見まねでカスタマイズをやって来ましたが一応一段落です。

後は撮影に本腰を入れないと写真のストックが空になってます。だけど、皆さんのブログを拝見していると、今年も昨年同様暖冬のようですね。これぞ”冬”と言える自然風景の写真が撮れない、との記事が多い。私のように冬山登山をするだけの力が無い者にとっては困った状況です。

年末年始にボケッとテレビを見ていると、選別収集したリサイクル・ゴミも結局は燃やしている/燃やす方向に転換を始めているとのことです。リサイクルの為にはコストやCO2排出量が燃やすより何倍も大きいからだそうです。そして追っかけ「温暖化は人間のCO2排出が原因ではない」と言ったIPCCの見解とは真っ向から反対の議論が展開されたりしています。
ま、科学者も経済や政治に無関係では居られない訳ですから、立場立場で研究の方向が違うのは分かりますが、目の前の温暖化の原因くらいははっきりさせて欲しいものです。

今議論されている対策はどれも温暖化による環境破壊を出来るだけ先延ばしするもので温暖化を止める、復元を目指すものではありません。その段階でさえも国や企業や個々人の利益調整に二進も三進もいかない状況では、この先が思いやられます。

洞爺湖サミットの主要議題は温暖化問題だそうです。京都議定書での約束を護れなかった、と言うより逆に排出量が増えてしまった議長国として、どう会議を取り仕切るのでしょうか?アメリカ・中国を相手に福田さんも大変でしょうね。

地球環境問題で我々ができることとは? 二酸化炭素は本当に地球温暖化の原因なのか?(ニュース畑) - goo ニュース

袋田の滝もスッカン沢も凍らない、関東北部や会津の山里は勿論、私でも行けそうな山間部でも雪は少ないとなるとどこに行こう???逆に言えば安全かもね!

pocket このエントリーをはてなブックマークに追加 ブログランキング 花 にほんブログ村 写真ブログ 風景写真へ

トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
https://www.mizunara.com/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/164

コメントする

ZENBACK

閲覧ありがとうございました