2008年11月22日 (土曜日)

印旛沼の暁

暁の光

昨日は久しぶりに撮影に出掛けました。朝4時過ぎに家を出て沼には5時前に着きました。思ったより近いです。これなら前の晩の天気予報を見てふらっと来ることも出来そうです。

真っ暗な沼をしばらく眺めていると、靄が立ち込めてきてみるみる沼の周りの街灯が見えなくなりました。夜明け前に下がる気温と変化の少ない水温の差が大きくなったのでしょう。拙いかなと思っていると、5時45分を過ぎて東の空が明るみ始める頃には靄が薄くなり、東の空、そして水面が紅く染まり出しました。感動の瞬間、見事な光景です。

靄の演出

10分もしない内にまた靄が濃くなってきました。靄で光が分散されて幻想的な光景に変わっていきます。そして6時10分頃には暁の光が遮られて真っ白な闇になってしまいました。

日の出(印旛沼)

再び光が戻ってきたのは6時25分過ぎ。東の空に太陽が頭を覗かせた時でした。葦原が真っ赤に燃え、靄も染まり、沼全体が紅に染まります。

紅の沼(印旛沼)

靄の濃さが変わるにつれて風景もどんどん変化していきます。

夜明け(印旛沼)

沼を渡る通勤の車が多くなる頃、空は白み、1時間に亙った自然の演出するショーが終わりました。やっぱり自然の中に立つと気分がいいです。まだまだ違和感の残る腰のことを忘れて動き回ってしまいました。この後、佐倉城址に廻ってみましたが紅葉はすっかり終わっていました。

pocket このエントリーをはてなブックマークに追加 ブログランキング 花 にほんブログ村 写真ブログ 風景写真へ

トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
https://www.mizunara.com/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/353

コメント[4]

[No.306] タイトル: 、('-'*)オハヨ♪

オークさん、('-'*)オハヨ♪

おぉ~早朝からの撮影ご苦労様です。
寒かったでしょうね・・・
でもこのような素晴らしいシーンの展開を撮影できるなんてラッキーでしたね。
早起きは三文の徳ですね♪
私は寒いので最近早朝からの撮影に行ってないですオークさんを見習わないと(^-^;

No.306のはちきんさんへの返信

[No.307] タイトル: 今日はお宮参りでした

はちきんさん、こんばんは。
今、初孫のお宮参りから帰宅した所です。
東京都心を横断し府中まで行ってきました。連休なので神社は大混雑でした。七五三のお参りの方が多く、2時間も待たされました。疲れました。

腰を痛めてからずっと家に閉じこもり状態でしたので、思い切って早朝に出掛けてスッキリした感じです。少しづつですが腰の痛みと付き合いながら撮影を再開出来そうです。家から近いのでこの撮影スポットには何度も足を運ぶことになりそうです。

[No.308] タイトル: 懐かしい印旛沼です。

朝の印旛沼に行かれましたか。条件はよかったようでね。
私はもう10年ほどご無沙汰です。
昔は‘一大テーマ’にしたいと張り切った時期があったのですが。
以前は沼の周辺のアチコチで車を止めて岸辺に行けたのですが、今は場所が制限されますね。でも、捨てがたい撮影スポットですね。
楽しんで拝見しました。

私もチョット、ここの旧作を手直ししました。

No.308のもものさんへの返信

[No.309] タイトル: Renewal拝見しました

印旛沼の風景、古徳沼の白鳥、北杜市のひまわり。。。
何度見ても素晴らしいです。
初めて訪れた印旛沼の朝でしたが、天気にも恵まれていい気分で撮影できました。駐車場のこともあり撮影ポイントはここしか知りませんので限られた構図となりました。レンズも標準ズームしか使いませんでした。
近い場所ですので、何度も通って少しづつ研究してみます。

コメントする

閲覧ありがとうございました