2005年11月27日 (日曜日)

久しぶりの再会

昨日は、退職してから初めてのOB会に出席しました。毎年恒例の会合で、都心の某ホテルで現役組も混じって開催されます。

最高齢者は84歳にもなり、元気なお姿を毎年お見せになります。



(今年もサフランが花を付けました)

サフラン

続きを読む・続きの写真を見る "久しぶりの再会"

2005年11月17日 (木曜日)

厚生年金−若い人へのアドバイス

若い人には老後のことは考えられない、考えてもそれだけの余裕がない。それが現実かも知れませんが、60歳を越えたらまず就職口が無いことを前提に生活設計をしておく必要があります。退職後の職安(ハローワーク)通いで求人情報を見る限り、50歳以上のサラリーマンを対象とした求人はほぼ無いとみるべきでしょう。少々の技術は有ったとしてもです。

老後資金については金融機関から様々な情報、アドバイスがされていますのでそれを参考に一度は考えてみるべきでしょう。私はそれらの情報には疎いので、退職後の半年で感じたことを書いてみたいと思います。

続きを読む・続きの写真を見る "厚生年金−若い人へのアドバイス"

2005年11月14日 (月曜日)

厚生年金受給について

先に「年金受給者説明会に出席します」とだけ書きましたが、その後何も書かないのは失礼かなーと思いキーボードを叩くことにします。

説明会は年金裁定(申請が受け付けられ受給額が確定する段階)が下りた際に郵送された資料と同内容の説明でしたので、別に目新しいものは何も有りませんでした。要は、本人や配偶者の死亡、離婚、住所変更等々の額に変動を来す事項や事務手続きの変更をもたらすような場合には必ず文書で届け出てくださいということです。それから年金証書と今回の説明資料は一緒にして家族にも分かるようにして、大事に保管してくださいの話でした。

出席して良かったのは、来年2月の確定申告に向けて調べようと思っていた年金に掛かる税額とその計算方式の説明が社会保険庁ではなく税務署の方が来られて説明があったことです(調べる手間が省けました)。

続きを読む・続きの写真を見る "厚生年金受給について"

2005年11月 9日 (水曜日)

年金受給者説明会

今しがた外に出たら空の色がすごく綺麗でした。西の空のライト・ブルーから東の空の暗闇まで見事なグラデーションを見せていました。空気が澄んでいるせいでしょう、半月と宵の明星がくっきりと光り輝いています。久しぶりにこんな空を見た気がします。



7日は立冬だったようですが、銀杏も青々としてまだまだ秋の入り口といった感じです。でも今日あたりは日中と朝夕の気温差が大きくなってきたようなので、これで紅葉も進み綺麗な色を出してくれるといいのですが。

"立冬" 広辞苑によると、「二十四節気の一つ。太陽が黄経225度時。冬の始め、太陽暦の11月8日頃。」とあり、"二十四節気"は「太陽年を太陽の黄経に従って24等分して、季節を示すのに用いる語。中国伝来の語で、等分点を立春・雨水などと名づける。」とあります。

こんなこと、今まで気にもしていなかったんですが。写真を撮りだしたせいか、年のせいか???



(ホトトギスが全ての花をつけました。大分散ってもいます)

続きを読む・続きの写真を見る "年金受給者説明会"