タグ「法輪寺」 の検索結果(1/1)

2016年11月29日 (火曜日)

恒例となった晩秋の帰省

法輪寺 紅葉秋化粧の参道 2016.11.21撮影

急に寒さが迫ってきたので慌てて帰省して実家の冬の備えをしてきました。ついでに足を伸ばして塩原の湯に浸かってきました。

塩原の紅葉は既に終わっていましたが、帰省の途中にいつも立ち寄る大田原市佐良土の光丸山法輪寺の参道のもみじが丁度きれいな色合いを見せていました。

続きを読む・続きの写真を見る "恒例となった晩秋の帰省"

2015年12月 6日 (日曜日)

法輪寺のカエデ

カエデ 紅葉色づくカエデ 2015.11.25撮影

帰省の都度休憩のために車を留める法輪寺の参道のカエデがちょうど赤に橙に染まっていました。

光丸山法輪寺は平安時代に慈覚大師円仁によって開基されたと伝えられる神仏習合のお寺です。日本一といわれる大きな木製の天狗面などの文化財を持つ光丸山大日堂と三院からなるお寺が併存しています。花の寺、殊に「西行桜」の寺として知られています。

続きを読む・続きの写真を見る "法輪寺のカエデ"

2014年12月13日 (土曜日)

冷たい青空

法輪寺冬の午後 2014.12.08撮影

週初めに帰省してきました。さすがに北関東の朝晩は冷え込みます。石油ストーブを焚いた上にこたつに入ってました。吹き抜けの天井にこたつ一つで過ごした幼少の頃が老いた今では信じられないくらいです。

途中立ち寄った神仏混合のお寺「光丸山法輪寺」の大日堂が木々の間から漏れ入った冬の陽に影を作っていい感じでした。

続きを読む・続きの写真を見る "冷たい青空"

2013年5月13日 (月曜日)

葉桜追いとなった今年の花見

桜 法輪寺さくら散る 2013.05.06撮影

山形からの帰途栃木の実家に1泊して千葉に戻りました。いつもの中継地大田原市佐良土の法輪寺ではぼたん桜が散り始めていました。

千葉県から東京都、そして栃木、茨城の北部から山形と廻って今年の桜巡りも終わりとなりました。桜に合わせるというより自分の都合に合わせた桜巡りだったこともあり、後追いの葉桜追いとなってしまいました。結果は。。。まずまずでしょう。初めての訪問地が多々在ったことで来年につながった今年の桜巡りでした。

続きを読む・続きの写真を見る "葉桜追いとなった今年の花見"

2012年11月26日 (月曜日)

一区切り

もみじ 法輪寺 紅葉秋のもみじ葉 2012.11.22撮影

母の三回忌法要のため帰省してました。何かと気忙しい2年間でしたがこれで一区切りついた感じです。今回は家族と母の兄弟に普段着で実家に集まってもらい小ぢんまりと済ませました。

帰省の行き帰りに立ち寄った大田原市佐良土に在る法輪寺のもみじが秋色に染まってきれいでした。

続きを読む・続きの写真を見る "一区切り"

2012年3月25日 (日曜日)

寒かった帰省

紅梅庭の紅梅 012.03.22撮影

彼岸を迎えても那須地方はまだまだ寒かった。特にこの冬は異常な寒さだったようです。北極の氷が大規模に融けているようなので寒冷化に向かっているというより地球温暖化のひとつの現象なのでしょう。

そんな寒さの中でも庭の紅梅が咲きだしていました。そして低木に囲まれた陽だまりでは福寿草が黄色い花をつけていました。

続きを読む・続きの写真を見る "寒かった帰省"

2011年11月25日 (金曜日)

今年のもみじ

法輪寺もみじ 1 2011.11.18撮影

帰省の度に立ち寄る大田原市佐良土のR294沿いに在る光丸山法輪寺の小木のもみじです。「西行桜」で有名なお寺さんですが、入り口や参道に何本かのもみじが在って新緑や紅葉の時期にはとても気になる存在です。

寒さが長く続かずダラダラと寒くなっていく今年の気候です。その間に霜が降りたりして葉っぱがチリチリとなったりでどうも見事な紅葉とはいかないようです。

続きを読む・続きの写真を見る "今年のもみじ"

2011年8月21日 (日曜日)

お盆は暑かった

法輪寺祈り 2011.08.20撮影

三週間前に帰省した時は夏なのに寒いと感じたのに、先週は暑いあついお盆となりました。盆棚を置いた座敷には冷房がないのでまるで蒸し風呂状態でお焼香にこられた方には申し訳ないことでした。

続きを読む・続きの写真を見る "お盆は暑かった"

2009年11月21日 (土曜日)

寺の秋

法輪寺

帰省の途中必ず立ち寄るお寺があります。丁度2時間毎に取る休憩時点に当たり、また春夏秋冬それぞれの季節を楽しめるお寺でもあります。春の西行桜、日本一大きな天狗のお面は有名で、立ち寄るつど境内を一巡りします。今回はもみじが西日を浴びて綺麗でした。

続きを読む・続きの写真を見る "寺の秋"

2006年4月19日 (水曜日)

那須野の春

写真雑誌で紹介されて知った私の田舎のさくらを撮りに出掛けました。首都圏の桜が例年になく早く咲いたのに比べ、関東北部の桜はいつもの年より開花が遅れました。現地の市役所に問い合わせると、早咲きのこの桜もやっと4月10日に1、2分咲きとのことでしたので、天気予報も併せて14、15日に行くことにしました。



14日の午後早くに那須塩原市に到着。天気は雲が多く晴れたり曇ったりです。お目当ての桜は夕刻の赤味射す青空をバックにしたかったので、それまでは黒磯公園のカタクリを見ることにしました。

カタクリには時期が遅いと思っていたのですが、那須から吹き降ろす冷たい風の影響か見頃の終盤といったところです。北東の斜面にビッシリとカタクリが群生しており、所々しっかりとしたカタクリが紫の花をつけて風に揺らいでいます。この公園から那珂川河畔公園越しに見る那須の山々は、公園の梅や桜やこぶしの花々と芽吹き出した木々の緑と相俟って綺麗な光景を見せていました。青空が覗いてくれたら絶好の写真日和でしたが、残念ながら上空は雲に覆われていました。



黒磯公園





19日に14枚の写真をHPにアップしました。お暇な折にSatsuki Galleryをお訪ねください。

Gallery

続きを読む・続きの写真を見る "那須野の春"