2009年10月20日 (火曜日)

色づき始めの矢の原湿原

矢の原湿原

この時期、朝の矢の原湿原は静寂の中に在りました。時折、代官清水の水汲みにやってくる車はありますが、観光客やカメラマンはいません。紅葉は始まったばかりで緑葉が多く、かえってウルシなどの赤が鮮烈です。

矢の原湿原

16日は矢の原湿原を訪ねてみました。朝7時から1時間ばかり沼の周りで静かな時間を過ごしました。緑葉が黄葉に変わるにはもう少し時間がかかりそうです。

矢の原湿原

山里から更に奥に入ったブナ林に囲まれた小さな沼。時折霧が押し寄せて幻想的な奥山の雰囲気を漂わせます。暫くぼんやりと時間を過ごしたいところですが、先を急ぐ身。清水を汲んで舟鼻峠に向かいました。

舟鼻峠

9時に舟鼻峠に到着。周りの山々が色づいて朝の光に輝いていました。

美しい紅葉に見入っていると工事車両が次々とやってきました。話をすると、その日の午後に田島バイバスの開通式があるので急ぎ道路の白線の引き直しをするんだとか。道路の先を見ると通行止めの柵の向こうに真新しいトンネルの入り口が見えます。冬には通行止めとなる国道400号線の峠道もこれで通年通れるようになるようです。
残念ながら開通まで5時間もあります。旧来の県道を下りて、ヤマザクラで有名な戸赤の村落を抜け、帰途に着きました。

pocket このエントリーをはてなブックマークに追加 ブログランキング 花 にほんブログ村 写真ブログ 風景写真へ

関連する写真集

関連するブログ記事

トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
https://www.mizunara.com/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/525

コメントする

ZENBACK

閲覧ありがとうございました